始め方

建売住宅の特徴やメリットデメリット

更新日:

 

建売住宅と注文住宅で迷われている方も多いのではないでしょうか。

 

今回は建売住宅の特徴や注文住宅との違い、価格差などをメリットデメリットを踏まえながら紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク




 

建売住宅の特徴は何と言っても現物確認できる所

 

マイホーム購入と一言で言っても、実際はなかなか頭の中で完成図が思い描けないですよね。

 

建売住宅なら、既に完成して内装も外構も全て綺麗に仕上がっているので、生活のイメージがしやすいと言えます。

 

「忙しいし、家の事よくわからないし」と言う事であれば、建売住宅は、「新築、土地、建物、外構、設備等」が全てついて、お値段いくらと言う購入方法なので、検討してみる価値はあると思います。

 

注文住宅と比較して、「建売はどれくらい価格差があるのか?」と言う事は、気になると思います。

 

注文住宅に比べ大体「300万~500万円程度安い」と言われています。

 

しかし最近では注文住宅でも、ローコストを全面に打ち出しているハウスメーカーや工務店もあるので、一概には言えません。

 

注文住宅で家を建てた場合は、土地から自分で購入しなければいけませんよね。

 

と言うことは、土地や建物の内訳がはっきり自分の中でわかっている状態ですが、建売では「全て込み込みで総額いくら」と言うことなので、打倒な値段かどうか土地の相場くらいは確認しておきたいところです。

 

 

建売住宅のメリット

 

先ほども書いたように、土地を自分で見つけなくていいと言うのはメリットではないでしょうか。

 

建売住宅の場合、広い土地を買い取って造成し区画しているので、車の出入りもしやすいように設計されていますし道幅も確保されていて快適です。

 

注文住宅の場合は、ハウスメーカーが指定されている造成地を除けば、土地を自分で探すところから始めないといけないので、すぐに気に入った土地が見つかるともわかりませんし、土地が見つからなければマイホームの夢も実現できないのです。

 

我が家も家を建てる際に、土地が見つからず結局1年以上も土地探しに時間を要しました。

 

不動産情報誌で土地の売買のページを見ても、いいなと思う土地はいつも売約済みになっていたり、一歩遅かったと言うことが多かったので、土地があると言うだけでも安心材料になります。

 

そしてもう一つは、注文住宅のように間取りに悩まなくていい事があげられます。

 

注文住宅なら「収納も思いのまま」と思うかもしれませんが、実際住んでみたら全然収納が足りなかったなんて事も良くある話です。

 

自分が所有している荷物を細かく把握することは難しく、また将来的に増える荷物の量もわかりませんので、注文住宅が自由度が高いからと言って、完璧な家に仕上がっているかと言うとそれはまた別問題なのです。

 

そして注文住宅は、間取りも外壁も窓や扉の位置や高さ、そして細かい事を言うと照明の数やコンセントの配置、クロスなどのデザイン、床の材質などなど全てを吟味し決めていかなければ進んで行きません。

 

それが楽しいと思える人なら全然苦にならないのでしょうが、「正解か不正解かがわかる前に決める必要がある」ので、「完成してみて自分の理想と現実のギャップに後悔」してしまうなんて事もゼロではないのです。

 

その点最近の建売は、全てプロのインテリアデザイナーが内装を手掛けている会社も多く、センスよく仕上げられている所が多く見受けられます。

 

自分のセンスに自信がない方は、むしろ建売の方がおしゃれな造りだと思う方も多いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク




 

建売住宅のデメリット

 

メリットも多い建売住宅ですが、マイホーム購入は高い買い物ですから当然デメリットも知っておく必要があります。

 

建ってしまっているからわからないところに着目しましょう。

 

1つ目は土地

 

新築の家が整然と建っていると綺麗な街並みが形成されて、以前その土地がどんな土地だったのか?と言う事が記憶からなくなってしまいがちですが、家が何棟も建つ広大な土地が売られた背景に何があるのか等は、最低限知っておく必要があります。

 

以前から田んぼだったと言う事であれば何も問題ないでしょうが、それでも沼地ではなかったのか?と言う最低限の事は販売会社に確認しておきましょう。

 

土地勘があれば、両親や親戚の年長者に確認することもおススメします。

 

台風で何度も水没しているとか、風向きによっては川の悪臭が気になる等、買ってからでは取返しがつかないですからね。

 

図書館などで古地図を確認して、以前の住所から由来を調べておくと言うのもひとつの手段です。

 

 

2つ目は何戸も同じような家が立ち並んでしまうと言う事

 

全く気にならない人にとってはいいのですが、マイホームは一生に1回の大きな買い物ですので自分のオリジナリティを出したいと言う方には正直おススメしていません。

 

 

なぜなら新しいうちはいいですが、何十年も住み続けると、周囲の同じ金太郎アメの普通の物件と変わりませんので、愛着が薄れてしまう可能性があるからです。

 

家は買ってからがオーナーの腕の見せ所です。

 

定期的にメンテナンスをしている家は、年数が経っていても清潔な印象を受けますし、住んでいる人の人となりが見えてくるような気さえします。

 

何十年も住み続けるからこそ、長い目で大切にしたい家を選んでほしいと思います。

 

 

建売住宅のメリットデメリットのまとめ

 

今回は建売住宅について紹介してきましたが、最後にこれだけは言っておきたい事をお伝えしておきます。

 

建売住宅を選ぶ際に、販売会社はしっかりしているのか?と言う事を事前し調べておきましょう。

 

会社概要はもちろん、建売住宅の売り上げ実績、自分が購入しようと思っている物件の周りの購入状況、決算情報など調べておいて損はありません。

 

アフターメンテナンスや保証制度についても、購入前にしっかりとヒアリングしておきましょう。

 

住んで何年かしたら会社が倒産していたなんて事もよくある話なのでできるだけそういう事は無いようにしたいですよね。

 

時間は命の砂時計!時間を無駄にしないで効率よくマイホームを探す方法

家づくりの始め方

マイホーム購入の手順と後悔しないアドバイスを「全般・戸建て・マンション」3点ポイントについて紹介します。   目次1 全般1.1 家賃は無駄?マイホーム購入と一生賃貸はどちらが得か?1.2 ...

続きを見る







関連広告

おすすめ記事一覧

1

マイホーム購入の手順と後悔しないアドバイスを「全般・戸建て・マンション」3点ポイントについて紹介します。   目次1 全般1.1 家賃は無駄?マイホーム購入と一生賃貸はどちらが得か?1.2 ...

2

  新築・中古戸建体験談を活用し、ご自身のマイホーム購入に役に立てて下さい。   目次1 ハウスメーカー1.1 100年後も快適なマイホーム購入計画!変化するライフスタイルに適応す ...

3

  新築・中古マンションの購入体験談を通じ、経験者の「良かった・悪かった点」「失敗や後悔」を活かすよう学び、自分の理想や条件にあった、心安らげる快適な住居を見つけて下さい。   目 ...

-始め方

Copyright© 初心者が失敗と後悔しない夢のマイホーム購入体験談ブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.