戸建て

マイホームの外構は何気に重要です!後回しにすると見栄えが悪く失敗します

更新日:

関東の郊外に在住する30代主婦様から、マイホームの外構工事に伴う失敗談の紹介です。

 

家族は会社員の旦那と私と子供二人の4人家族です。

 

マイホームの失敗点のひとつは、住宅の外側の部分である「外構」です。

 

スポンサーリンク




 

建物自体の建築だけではなく、玄関ポーチや駐車場、庭を含んだ全体的なイメージを、作りを上げなければなかったことだと思っています。

 

わが家は家族で展示場に行ったりネットや情報誌で良く検討した結果、新築一戸建ての注文住宅へ決める事にしました。

 

理由は建売住宅の様な既存の住宅には物足りなかった事、自分たちで好きなようにカスタマイズをしたかったのが理由です。

 

自分たちの住宅資金の予算配分も、自分たちである程度おこなうことができたのです。

 

たとえばキッチンは、対面式にして家族がリビングでくつろぐ光景が見れるよう理想としていました。

 

こだわりたいキッチンは、自分たちが想定していた予算よりも少しオーバーになってしまいましたが、そこはけちってお金を出し惜しみしてはいけません。

 

反対にこだわっていない部分では、あまりお金を掛けても仕方がないので安めの部材で十分です。

 

そこは気にしない「ここはどうでもいいか」と思われる部屋の壁(クローゼットやパントリーの内側の壁)など、安めの壁材にして費用を抑えました。

 

そして注文住宅である家の中のこだわりの部分に予算を比重を高くしたのです。

 

 

そうすると、マイホーム計画で最後に残るのは外構になります。

 

外構に関しては、「今じゃなくて家が建ってからでいいか」「後から自分たちで作っていけばいいよね」といったように、マイホームの設計段階で、予算の関係上後回しにしてしまったのですよね。

 

それで家が完成して実際に新居での生活が始まったのですが、外構にはまだ着手していないのですよね…。

 

家の完成時点では「砂利を敷く」といった最低限のことをしただけで、未だにそのままになっています。

 

一度おろしてしまった腰がなかなか上がらなくって…。

 

ですからやはり、家の完成時に95%ぐらいには家は完成させておかないといけないなーと思いました。

 

外構をしっかりと作っておかないと、家全体の見栄えが寂しいものとなりますので、家造りの情熱が消えないうちやるべきだと実感しています。

 

バランスが悪くなりますので、外構もおろそかにせず同時並行に家造りは必要ですね。

 

時間は命!効率よくマイホームを探す方法

家づくりの始め方

マイホーム購入の手順と後悔しないアドバイスを「全般・戸建て・マンション」3点ポイントについて紹介します。   目次1 全般1.1 家賃は無駄?マイホーム購入と一生賃貸はどちらが得か?1.2 ...

続きを見る







関連広告

おすすめ記事一覧

1

マイホーム購入の手順と後悔しないアドバイスを「全般・戸建て・マンション」3点ポイントについて紹介します。   目次1 全般1.1 家賃は無駄?マイホーム購入と一生賃貸はどちらが得か?1.2 ...

2

  新築・中古戸建体験談を活用し、ご自身のマイホーム購入に役に立てて下さい。   目次1 ハウスメーカー1.1 100年後も快適なマイホーム購入計画!変化するライフスタイルに適応す ...

3

  新築・中古マンションの購入体験談を通じ、経験者の「良かった・悪かった点」「失敗や後悔」を活かすよう学び、自分の理想や条件にあった、心安らげる快適な住居を見つけて下さい。   目 ...

-戸建て

Copyright© 初心者が失敗と後悔しない夢のマイホーム購入体験談ブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.