リフォーム

2回目のリフォーム!住宅リフォームの際にはリノベーションも視野に入れて考えていく

投稿日:

栃木県在住の40代会社員の夫、パート主婦の妻、小学生の子供2人の4人家族です。

 

私の両親から譲り受けた一戸建て住宅を2回リフォームして住んでいます。

 

いかんせん築30年越えの古い住宅ですから、家の造りから何から現代風ではないのですよね。

それで2回目の大規模リフォームの時には間取りに関しても直しました。

 

以前の住宅は玄関を入ったら、左手側がバスルームになっていて、その横にトイレがあり、そしてその隣に洗面所があるという造りでした。

 

うまく伝わるかわからないのですが、要するに玄関の左斜め前方に洗面所があるという造りだったんです。

 

玄関を入って左手側一帯(風呂・トイレ・洗面所)のバスルーム空間をなんとかしたい思いで、リフォームをしたい思いから始まりました。

 

かなり謎な造りですよね。

 

とはいえ、トイレに関してはちゃんと壁とドアで仕切っていますよ。

 

しかし洗面所は脱衣所と兼ねることで、その空間を広くしたのです。

 

バスルーム空間に関しては、昭和な造りから平成の初期ぐらいの造りへと一気にタイムスリップした感じですね。

 

分かれていた浴室空間とトイレと洗面所を一続きにする必要があります。

 

以前は昔ながらの作りで一般的なのでしょうか、今では見ないスペースを有効活用していない不便な造りです。

 
玄関左手側にお風呂・トイレ・洗面所と仕切られ、デッドスペースになっているので、ここは改築する必要があると、すべてをつなげてひとつの空間にしたのです。

最初は「間取りをいじるのはちょっと…」と躊躇する気持ちもありましたけれど、しかし「どうせ古い建物なんだらかやってやろうじゃないか!」と、間取りまで手を出して良かったと思っています。

 

今非常に快適です。

 

わが家のように、古い住宅に住んでいるという人は、リフォームを行う際にはリノベーションも視野に入れて考えていくといいでしょう。

 

やりようによってはびっくりするぐらいに快適になったりしますから。

 

でも家の根本的な部分から取り換えるリノベーションまですると、新築当時の状態に戻すリフォームと違い、多額のお金は必要になるので予算を考えてやらなければなりません。

 

 







関連広告

おすすめ記事一覧

1

マイホーム購入の手順と後悔しないアドバイスを「全般・戸建て・マンション」3点ポイントについて紹介します。   目次1 全般1.1 家賃は無駄?マイホーム購入と一生賃貸はどちらが得か?1.2 ...

2

  新築・中古戸建体験談を活用し、ご自身のマイホーム購入に役に立てて下さい。   目次1 ハウスメーカー1.1 100年後も快適なマイホーム購入計画!変化するライフスタイルに適応す ...

3

  新築・中古マンションの購入体験談を通じ、経験者の「良かった・悪かった点」「失敗や後悔」を活かすよう学び、自分の理想や条件にあった、心安らげる快適な住居を見つけて下さい。   目 ...

-リフォーム

Copyright© 初心者が失敗と後悔しない夢のマイホーム購入体験談ブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.