リフォーム

車椅子生活での問題点!住んで見ないと気づかない失敗と後悔した事!

投稿日:

北海道在住の70代の年金受給者(I)様から、車椅子生活に合わせた新築住宅で失敗した体験談の紹介です。

 

現在は長年勤め上げた仕事も大分前に引退し、田舎で夫婦二人でのんびり暮らしいています。

 

引退後の生活で大事なことは、楽しく健康的でストレスを排除した、快適な生活を送る事が重要です。

 

マイホームで快適な生活を送りはずの我が家での、後から後悔した事を紹介したいと思います。
北海道に住宅を新築してから、はや12年が経過しています。

 

住宅を建てる時に家族で検討した理想の住宅とは、「老後も快適に住める空間」だと考えて建てたつもりだったのですが、当初入念に考えたはずのマイホーム計画が、今では思う様な形になっていない現実があります。

 

年々老いて来る私達夫婦。

 

まだまだ元気だと思っていても、時間の経過と共に健康面の問題や体が自由に動く事が叶わなくなってきます。

 

今ではご近所さんたちも年長者が多く、超高齢化社会に突入しています。

 

 

実際に住んで暫く経った現在、車椅子生活になったら対応出来ない場所があることに気が付きました。

 

特に玄関スペースは、入り口にあたりますから車椅子の昇り降りや手すりの設置などが必要で、広い空間というものが重要です。

 

幸いにも建築した時から、広く玄関スペースを確保してういたのでどうにかなりそうです。

 

また玄関から居間へ上がるには、簡易スロープを付ければ問題もありません。

 

 

失敗したと思うのは

 

トイレの幅をもう少し広く取り、車椅子でも使用できるようにすべきだったと思いました。

 

私達夫婦も車いす生活になる事も可能性としてあるのですが、、、、、

 

実は娘婿が車椅子生活になり、折角訪ねて来てくれてもトイレの使用が不便で仕方ありません。

 

中に入っても車椅子を回転させることが出来ないのです。

 

トイレが狭すぎるのです。

 

介護や車椅子生活を想定したトイレ造りというものを、はなから想定していないのです。

 

無理もないですよね。

 

普通そこまで考えていませんから。

 

娘家族は、トイレが使いづらい事もあいまって、最近はなかなか遊びに来てくれず疎遠になっています。

 

私達も何時車椅子の生活になるかも知れません。

 

新築する過程でここまで頭が回らなかったのは失敗でしたね。

 

改築するには、間取り自体を変更し壁をぶち抜いたり、大掛かりなリフォーム工事となることでしょう。

 

年金生活という老後の身には、収入がなく貯蓄を取り崩すだけなので、金銭的負担は重くのしかかります。

 

今現状の家族が不便にしているトイレの狭い間取りと、車椅子生活を見越した問題がありますので、どうにかしたいと思案中です。

 







関連広告

おすすめ記事一覧

1

マイホーム購入の手順と後悔しないアドバイスを「全般・戸建て・マンション」3点ポイントについて紹介します。   目次1 全般1.1 家賃は無駄?マイホーム購入と一生賃貸はどちらが得か?1.2 ...

2

  新築・中古戸建体験談を活用し、ご自身のマイホーム購入に役に立てて下さい。   目次1 ハウスメーカー1.1 100年後も快適なマイホーム購入計画!変化するライフスタイルに適応す ...

3

  新築・中古マンションの購入体験談を通じ、経験者の「良かった・悪かった点」「失敗や後悔」を活かすよう学び、自分の理想や条件にあった、心安らげる快適な住居を見つけて下さい。   目 ...

-リフォーム

Copyright© 初心者が失敗と後悔しない夢のマイホーム購入体験談ブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.