マンション 中古マンション

5年で約500万得したマイホーム!年収400万以下で780万の中古マンションを購入した体験談

更新日:

 

大阪府在住の50代自営業(M)様から、実質「5年間で480万円」お得に中古マンションを購入した体験談の紹介です。

 

家族は自営業の旦那と、2児の子供を持つ4人家族です。

 

スポンサーリンク




 

低年収だった私が、賃貸物件を選ばずマンションを購入した理由

 

私がマンションを購入したきっかけは結婚でした。

 

それまで私は、家賃6万のワンルームアパートで生活していたのですが、結婚するとなると、流石に狭い間取りのこのアパートで二人暮らしはできません。

 

今後家族が増えることを考えると、もう少し広い家に引っ越しをする必要がありました。

 

今は家族2人、更に子供が生まれると想定すると、最低でも2LDK(50㎡)以上は必要です。

 

可能であれば、3LDK以上の間取りが理想です。

 

ネットや雑誌、不動産業者から色々と調べたのですが、賃貸物件でその広さとなれば、家賃は最低でも8万円以上掛かるのが当然でした。

 

お家賃が月々8万円で、5年生活したとして、480万円

 

10年生活したら960万円。(汗)

 

それだけのお金があるなら、「安いマンションなら買えるんじゃない?」 と考えたのがきっかけでした。

 

 

予算は1000万円以下。

 

中古マンションで、10年間住んでも売却時の価値が下がらないことが条件。

 

当時、私も彼も20代前半でまだ若く、正直、お金がありませんでした。

 

また、色々と事情があって彼名義でローンが組めなかったので、私が単独で購入できる物件というのが第一条件となりました。

 

当時、しがないOLだった私。

 

年収も400万以下で、無理なく組めるローンは1000万円程度でした。

 

 

将来お金が溜まったら引っ越しをして、住み替えることも検討していましたので、ある程度築年数が経過した古いマンションでも、10年後も資産価値が変わらない物件を中心に探しました。

 

 

とはいっても、見た目が悪いボロボロのマンションでは、住む気も起りません。

 

入居前にリフォームを行うことにして、リフォーム資金のお金を120万円用意しました。

 

120万ではリフォームできる箇所も限られているので、その辺りも注意しながら物件を探すことになったのです。

 

 

私たちがこだわった条件は、下記の通りでした。

 

・金額が1000万以下であること

 

・内装はボロボロでも、管理がしっかりしていて、外観や共有部分が綺麗であること。

 

・リフォーム費用が高くなる「お風呂」「キッチン」を交換しなくても住めること。

 

・ある程度築年数がたっていて、「10年後に資産価値がそこまで下がらない」こと。

 

 

逆に、妥協した部分はこんな感じです。

 

・内装がボロボロでも気にしない。

 

・探す範囲を広くして、最寄りの駅に拘らない。

 

・多少駅から離れていても我慢する。ただし、駅まで歩いていけない距離はNG。

 

 

外観はピカピカ。中はボロボロ。理想の家を発見!

 

こだわりに当てはまる物件を見つけたのは、築20年くらいの中古マンションでした。

 

管理会社がしっかりしていて、10年単位で共有分の大規模修繕を行っているような建物です。

 

オートロックで、日中は管理人さんが駐在してくれているのも決め手でした。

 

 

反対に代わりといっては何ですが、内装はボロボロ・見た目はげんなりするダメダメな部屋です。

 

前に住んでいた人の手入れが悪かったのか、部屋の壁紙はビリビリに破けて剥がれていたし、床のカーペットもあちこち破けていました。

 

だけどシステムキッチンで、お風呂は在来工法じゃなくてユニットバス。

 

浴槽の水垢がこびり付いて酷かったけれど、これなら清掃すれば使えそうです。

 

スポンサーリンク




 

中古マンションの概要

 

購入金額 780万円

 

築年数20年、3LDK

 

予算1000万

 

頭金0円

 

三井住友銀行で35年ローン

 

長期固定金利の3%、月々2万3千円返済

 

予算よりも安くてなかなかお手頃の物件でした。

 

 

いざリフォーム!予算内でどこまで綺麗にできるかが勝負!

 

リフォームのために私たちが用意できた予算は、たった120万円です。

 

実際にリフォームした経験がある方なら分かると思いますが、120万のリフォーム費用というのは、とっても少ない金額です。

 

けれども彼の職業柄、内装職人にツテがあったので、工務店を通さずに直接職人に依頼するという形で、リフォーム費用を節約しました。

 

彼も会社を休んでリフォームを手伝い、トイレや水道の交換などは自分で行ってくれました。

 

 

リフォームを行った箇所は下記の通りです。

 

リフォーム費用120万円の内訳

・和室以外の床材をフローリングに交換

リビング(12.5畳)、2部屋(4畳)、

約40万

 

・全部屋の壁紙の張替え。

約25万

 

・浴室とキッチンの水道の交換。

約8万

 

・化粧洗面台とトイレの交換。

約44万

 

・全部屋の清掃

約3万円

 

リフォームにかかった期間は一週間程度でしたが、終われば、新品みたいに綺麗な部屋になりました。

 

 

お得に住めて大満足。

 

お金が無い人ほど、中古マンションの購入をおすすめします。

 

結局、ワケあって5年後に購入したマンションを手放すことになったのですが、760万で売却することが可能でした。

 

リフォームをして内装を綺麗にしていたおかげで、売りに出した1カ月後には買主が見つかったのです。

 

 

購入したときとの金額は780万円。

 

売却で760万円、買値より下がったものの差額はたったの20万。

 

 

月々のローン返済額も2万3千円程度だったので、生活が楽で貯金もできました。

 

 

一例として

もしあの時780万円の中古マンションを買っていなければ、

 

5年間で、480万円

※1年間96万円 12ヵ月×8万(2LDKで最低8万)

 

無駄に支払っていた事にもなります。

 

考えようですが、賃貸物件に住まないでマンションを購入したおかげで、「480万円の節約に成功できた」うえに、「貯金もできた」ということです。

 

もちろん780万円の住宅ローンは、5年間経過したので残債が約600万。

 

マンション売却時のお金で完済する事もできました。

 

お金が無い人もマイホームを諦めず、思い切って中古マンションの購入を検討してみるのも良いかと思います。

 

時間は命の砂時計!時間を無駄にしないで効率よくマイホームを探す方法

マンション購入体験談

  新築・中古マンションの購入体験談を通じ、経験者の「良かった・悪かった点」「失敗や後悔」を活かすよう学び、自分の理想や条件にあった、心安らげる快適な住居を見つけて下さい。   目 ...

続きを見る







関連広告

おすすめ記事一覧

1

マイホーム購入の手順と後悔しないアドバイスを「全般・戸建て・マンション」3点ポイントについて紹介します。   目次1 全般1.1 家賃は無駄?マイホーム購入と一生賃貸はどちらが得か?1.2 ...

2

  新築・中古戸建体験談を活用し、ご自身のマイホーム購入に役に立てて下さい。   目次1 ハウスメーカー1.1 100年後も快適なマイホーム購入計画!変化するライフスタイルに適応す ...

3

  新築・中古マンションの購入体験談を通じ、経験者の「良かった・悪かった点」「失敗や後悔」を活かすよう学び、自分の理想や条件にあった、心安らげる快適な住居を見つけて下さい。   目 ...

-マンション, 中古マンション

Copyright© 初心者が失敗と後悔しない夢のマイホーム購入体験談ブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.